スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スターゲイト : 真実のアーク [DVD]

Tag : ベン・ブロウダー アマンダ・タッピング クリストファー・ジャッジ マイケル・シャンクス

スターゲイト SG-1 ファイナル・シーズン DVD ザ・コンプリートボックス (初回生産限定)


【評価】 平均評価: 4.0/ 総数: 2件
[4点] さらばスターゲイト SG-1
10年放送してきたアメリカの人気SFシリーズ「スターゲイト SG-1」もついにシーズン10で完結。
シーズン9でオニール将軍役のリチャード・ディーン・アンダーソンが降板、
SG-1のリーダーにキャメロン中佐が据えられた時点で嫌な予感はしていたが、
やはり番組の顔と言えるオニールが居なくなったことで視聴率が低下してしまった
ことが打ち切りの原因…シーズン6でダニエルに代わってジョナスがSG-1に加わった時も
賛否両論あったが、やはりシーズン9と10の「オーライ編」は宗教色が強すぎ、
またシーズン6から登場したゴアウルドのバール(正直、まさかバールとここまで戦うとは誰が予想していただろうかw)
と敵対する話が多くなったり、泥棒のヴァーラがメンバーになったことで
ミッチェル中佐と合わせて「ファースケープ」みたいになってしまったのが何とも…。

SG-1本来の醍醐味だった異星探検や現地住人との触れ合い、
異星から持ち込んだテクノロジーによるSG基地で起こるトラブルなどが大幅に減ってしまったのが不満点。
ハモンド将軍役だったドン・S・デイビスが急逝したのも悲しい。

このシーズン10でSG-1シリーズは完結となるが、外伝の「スターゲイト アトランティス」も
シーズン3が日本でも放送済みで、そのうちDVD化されるだろうし、
本国アメリカでは2009年夏から新シリーズの「スターゲイト ユニバース」も放送される。
SG-1のシーズン2 第21話「タイムスリップ(原題:1969)」のラストで老婆になったカサンドラが
「貴方達の旅はまだ始まったばかり」と言っていたが、まさにその通り。
スターゲイトでの旅はまだこれからも続くのだ。悲しむ必要は無い。
何せ、ゲイトの向こうにはまだ未知の惑星が、何千何万と待っているのだから。 (2009-05-31)
[4点] ついに最終シーズン!!
コンティニュアムが先に発売されたため、シーズン10が発売されるか心配でしたが、無事に発売が決まってよかったです。おまけに"真実のアーク"も発売決定で万々歳。

今シーズンはオーライとの戦い、バール及びザ・トラストの暗躍、マーリン絡みetcのエピソードがほとんどであり、展開も速いです。また、ほとんどの話が前後関係を含んでいるのでどの話も見逃せません。特に必見なのが197話目の"ペガサス合同作戦"です。文字通りアトランティス側のレギュラー陣と組んでオーライやレイスと戦います。これはファンなら大喜びでしょう。

もともとシーズン11も作る予定があったものの、視聴率低下に打ち勝てずシーズン10で打ち切りとなったのが残念です。そのせいか、後半から製作陣の投げやりっぷり(今までの話と矛盾する点や、明らかに地球に似すぎてる別惑星etc)が感じられたり、最終エピソードの214話目に至っては、非常に中途半端かつ意味不明なラストとなっています。(尤も、完結編となる映画"真実のアーク"も同時発売されるため、併せて買うことを勧めます)。

色々賛否両論な感じがするシーズン10ですが、Xファイルを超えてギネス入りできたのは、やはり嬉しいところ(SF作品の場合、100話超えることも至難の業なので)。

アトランティスもシーズン5で終了となったものの、続編ムービーの製作が決定済み(SG-1も)で、新たなシリーズも今夏スタートするため、まだまだ続くスターゲイトサーガに期待が高まります。 (2009-05-20)
【関連商品も見たい!】
 ・ スターゲイト : 真実のアーク [DVD]
 ・ スターゲイト コンティニュアム ザ・ムービー [DVD]
 ・ GALACTICA/ギャラクティカ 【転:season 3】DVD-BOX 2
 ・ GALACTICA/ギャラクティカ 【転:season 3】DVD-BOX 1
 ・ スターゲイト SG-1 シーズン9 DVD ザ・コンプリートボックス

Tag : ベン・ブロウダー アマンダ・タッピング クリストファー・ジャッジ マイケル・シャンクス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。