スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グレイズ・アナトミー シーズン4 DVD COMPLETE BOX


【評価】 平均評価: 4.5/ 総数: 3件
[4点] 新たなる展開
今回は全体的に新たなくっついたり離れたりが少ない。

シーズン3でビバヒルさながらこのまま行ったら職場内で全員が全員と関係するの〜〜
とうんざり気味だったのでかなりよかった

このシーズンの最終話(いつもの通り2話連続)に象徴されるようにシーズンを通して
恋愛というよりも個々の成長(外科部長やミランダ・ベイリー含む)にフォーカスされている

シーズン1やシーズン2と比べると患者にややインパクトがかけるが個人的には佳作といえるシーズンだった。

(2009-06-29)
[5点] それぞれの葛藤
今シーズンは、それぞれの背景や抱えている問題にフォーカスされてきている。

特筆すべきは、アレックス・カレフとミランダ・ベイリーではないだろうか。

アレックスは、前シーズンで、事故に遭い重傷を負った女性の再登場で心惹かれる自分を抑えようとせず、立場を超え、彼女と人生を歩もうとする。 けど、そこにあったのは、平穏な日々ではなかった。

彼女の事故の後遺症や、元々の性格の歪みが顕著になったとき、アレックスは想像を超えた行動をとる。それは、アレックスの母親との過去が、深く関係していた。

アレックスの、愛する者への愛おしみと慈しみ、現実との間で葛藤する姿は、見ているこちらも、胸が苦しくなる。

そしてベイリーは、部長がチーフレジデントにしなかった理由を知るところとなるが、納得いかずにいた。チーフとして認めてもらえなかったが、仕事ぶりや人望は変わらずにいた。

そんな中、やはりチーフに相応しいと認められるが、仕事に打ち込むあまりに、大切にしていたはずの家族と、修復不可能な亀裂を生じていることに気付かずにいた。

そして、それが明るみに出たとき、修復に努めようとするが、自分の置かれた状況下で、葛藤し苦悩することになる。

それぞれの抱える問題が中心の、内容の濃いシーズンになっています。 (2009-06-28)
[5点] 「断片よりも、全体像」
パート1、2に分けてない!
というのは嬉しいですが
きっと話数がストライキの影響で少ないからでしょうね(全17話)

肝心の内容ですが、まずこのシーズンから見るのはオススメしません。
シーズン3、4にかけて色んなことがあったため、キャラクターがグダグダです。
ついでに展開もよろしくなく、グダグダがしばらく続くので
今まで見てきた人も見続けるのが辛くなるかも。
1話1話を見るとつまらなく感じるかもしれませんが、
終盤にかけて徐々に良い方向に向かってくるので
今シーズン全体の流れを見るととても良質なドラマに仕上がってると思います。
(終盤付近のベイリー先生の台詞からして、制作者側も分かってた?)

おすすめエピソードは
第8話「フォーエヴァー・ヤング」

なんだかんだで第3シーズンよりもおもしろいと感じた自分。 (2009-03-07)
【関連商品も見たい!】
 ・ プライベート・プラクティス:LA診療所 シーズン1 DVD COMPLETE BOX
 ・ グレイズ・アナトミー シーズン3 コレクターズBOX Part2 [DVD]
 ・ グレイズ・アナトミー シーズン3 コレクターズBOX Part1 [DVD]
 ・ Dr. HOUSE/ドクター・ハウス シーズン1 DVD-BOX2
 ・ Dr. HOUSE/ドクター・ハウス シーズン1 DVD-BOX1

スポンサーサイト

Tag : エレン・ポンピオ サンドラ・オー T・R・ナイト キャサリン・ハイグル ジャスティン・チェンバース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。